« Staticの恐怖 | トップページ | 犬は喜び庭駆け回り »

2006年1月15日 (日)

パパラギ-はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集

「物が無ければ暮らせないのは、心が貧しいからだ」

読了しました。なかなかすごい本です。

西サモアの村の酋長ツイアビがヨーロッパ諸国を歴訪したときに見聞きしたさまざまな 事柄を村人に語るための演説内容をまとめた本です。

現代人(西欧人)の行いを第3者の視点で描写しており、これが私たちにはおもしろおかしく読むことができる内容になっています。しかし、彼の鋭い洞察力は現代文明の抱える問題をあぶり出し、現代人の考える文明社会というものに対する強烈な批判を提示しています。

ドイツで初めて出版されたのが80年前というのが驚きです。今日の社会をツイアビが見たら何と言ったでしょうかね。

Amazonへのリンク

|

« Staticの恐怖 | トップページ | 犬は喜び庭駆け回り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パパラギ-はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集:

« Staticの恐怖 | トップページ | 犬は喜び庭駆け回り »